Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

塗料Q&A 第二弾

Newsお知らせ

塗料Q&A

2020年11月11日

塗料Q&A 第二弾

プロ仕様のクイズです。 

塗料Q&A 第二弾
塗料・塗装に関する問題


第2弾となります!








〈問題〉

下記参考写真を元にお考え下さい。
オフィスや公共施設などで見られる扉についてです。

塗装後の現象で塗膜が軟化・剥離してしまっています。
このような現象は何と呼ばれるものでしょうか...?










〈回答〉


皮脂軟化





〈解説〉 

人の皮膚から分泌される脂分によって塗膜が柔らかくなってしまう事。
人間の手との接触により、汗や皮脂が塗膜に浸透し、塗膜を徐々に軟化させる現象です。
軟化した塗膜に、さらに接触することにより、物理的研磨が加わり、塗膜が少しづつ削れて剥がれていきます。
この現象は、接触頻度に影響される為、同一の仕様でも場所により差が出る場合があります。





〈対策〉

皮脂成分の侵入を防ぐためには
塗膜の締まりが早く
緻密であることが求められます。
下記順位を参考にして下さい。

1、強溶剤2液型ポリウレタン樹脂塗料  

2、皮脂軟化対策水性塗料


3、SOP(溶剤系)           


4、弱溶剤2液型ポリウレタン樹脂塗料


5、弱溶剤1液型ポリウレタン樹脂塗料


6、水性ウレタン樹脂塗料        





いかがだったでしょうか?

こういった現場が出た際には、
ご参考に材料選定して頂ければと思います。